任意整理Q&A

Q1
任意整理とは?
弁護士があなたの代理人となりこれまでの取引利率をチェックし,利息制限法の利率を超えて利息の支払をしていた場合はその分を元本に充当し,残った元金の 返済方法を債権者と協議し,契約(和解)を交わす方法です。和解後の返済方法は,利息を付けずに60回までの分割払いが基本です。
Q2
債務整理と任意整理の違いは?
債務整理とは任意整理,個人再生及び自己破産等を含めた総称です。 (ただ債務整理は任意整理と同義に使われる事もあります。)
Q3
返済が遅れているが任意整理はできますか?
もちろん可能です。ただし遅れが進みますと話し合いが困難になる場合もあります。 なるべくお早めにご相談下さい。
Q4
家族には内緒でできますか?
ご家族の方が保証人になっている場合を除き、基本的に知られることはありません。
Q5
職場にわかってしまいますか?
通常わかってしまうことはありません。
Q6
すべてのカードを含めないといけませんか?
基本的には“債務を整理するために行う”ものですので,全債務を対象に行い,生活を安定させる事が望ましいのですが,何らかの事情がある場合,除くことも考慮します。
Q7
保証人が付いている場合はどうしたら?
借主が任意整理をした場合,債権者の請求は保証人に行くことになります。 よって,保証人の方にはお話しをしておくべきでしょう。 保証人の方は,保証人として返済をすることとなりますが,弁護士に依頼して返済方法などを交渉してもらう方法もあります。
Q8
期間はどれくらいかかりますか?
借入れ利率や取引期間等により大きく変わります。取引が長い場合,利息の払いすぎ(過払い)等により債務額が大きく減少し,短期間で終了するケースもあります。 通常は,その方の返済に充てられる金額によりますが,おおよそ3年〜4年の方が多いです。

このページの上部へ