任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは次のようなことです。

  • あくまで「任意」の借金の整理なので金融業者との交渉次第でうまくいかない場合や,不利になる条件を持ちかけられることもあるので注意が必要
  • 同様の理由から,金融業者によってはスムーズに事が運ばない場合もある。1社で数か月かかるという事も
  • 相手もプロなので法律の正しい知識がないとまるめこまれてしまったり,条件の交渉ができないという事がある
  • 信用情報機関へ事故(=ブラック)情報が記載されるため,任意整理完了後5年ほどは,新たな借り入れができない

任意整理では,官報には記載されませんが,信用情報へ「任意整理した」という情報が記載されることがデメリットでしょう。しかし,法律の改正から総量規制(年収の3分の1を超える借入ができない)が始まり,借入自体を減らさないと新たな借入は難しくなりました。住宅や車など,必要なローンが組めるようにしておくためにも,早めに任意整理をしておくことは有効です。

このページの上部へ