任意整理の返済方法

任意整理では返済計画を立てて,債権者と和解交渉を行い,返済を進めていきます。任意整理後の返済方法は,一括での返済と分割での返済のケースがあります。

依頼者のご希望を第一に,各金融業者との和解交渉を勧めていきます。任意整理をすると借金の減額,利息のカットのページでお話ししたように原則今後の利息がなくなるわけなので残っている借金を一括返済するメリットはあまりないです。

分割での支払いは通常3〜5年程度の長期なので精神的な負担を解消したい方はまとまったお金がある場合は一括での返済や繰り上げて返済するのがよいでしょう。

一般的には原則3〜5年程度で分割した借金を支払うケースが一番多くなっています。業者によっては一括で返済する場合は借金を減額するケースや1年での分割支払など期間を短くするよう求める金融業者もあります。分割期間について依頼者の現状や金融業者によってケースバイケースだといえるでしょう。

代行弁済について

各金融業者にそれぞれ返済する手間は,当弁護士事務所が代行いたします。毎月当弁護士事務所に返済相当分をまとめて送金いただいて,それを当弁護士事務所で責任もってそれぞれの返済先に振込など行い遅れなく返済いたします。これは代行弁済と言うやり方です。業者ごとに返済日が違うなどで返済日に追われて生活する必要はありません。代行弁済のシステムでは,1回だけしかも1ヶ所(弁護士)にだけ振り込めばよいということになります。

また,和解後の返済について,金融業者はまずは弁護士へ連絡をとってきます。遅れが出た場合,取り立てなどもまず弁護士に連絡するようになっているため,代行弁済を行っていると一切金融業者から連絡が来る事もなく精神的な負担は少なくなります。

このページの上部へ