個人再生のデメリット

個人再生のデメリットは次のようなことです。

  • 住宅ローン以外の負債総額が5000万円を超えていると利用できない
  • 任意整理,自己破産などに比べると,解決まで時間がかかります
  • 住宅ローンは減額できない
  • 支払年数が法律で決まっているため,稀に毎月の返済額が多くなる場合もある
  • 止むを得ない事由がない限り,途中で支払金額を変更することができない
    (やむをえない事由があれば,申立により5年までの延長が可能です。月々の金額が減額できる。)
  • 官報に記載されます
  • 信用情報機関へ事故(いわゆるブラック)情報が記載されるため,個人再生弁済終了後5年は,新たな借り入れができない

個人再生を行う場合は,デメリットもよく知った上で手続きしましょう。まずは,弁護士に相談をしてください。

このページの上部へ